Miniboxの歴史

 

1980年 英国車(ミニクーパー)を中心とした名車や希少パーツの輸入販売を手掛ける。
1983年 ロンドンにオフィスを設け西ドイツはじめヨーロッパ全土から欧州車全般の取り扱いを始める。
1986年 アメリカ西海岸から輸入を開始しながら趣味のゴルフの追及をはじめ、多くのツアー選手が使用するクラッシッククラブの歴史を学び研究を始める。
1992年 アメリカ ゴルフ用品を輸入しショップを設ける。
当時無名のスコッティキャメロンのパター感性に共感し訪米する。
1993年 ベルハルトランガーがScotty Cameron Classic 1を使用してマスターズを制する。
唯一、miniboxだけがUS PGA Tour御用達クラブを日本に紹介していたためClassic 1も当社だけが販売しスコッティキャメロンのネームバリューを向上させる。
これを期にツアープロトタイプの存在を各ゴルフ雑誌に紹介することで選手のクラブと市販のクラブが違うことが表面化され多くのゴルファーから支持を得ることとなる。
1998年 ゴルフダイジェスト社よりアメリカツアー情報コラムの連載依頼により執筆を始める。
1999年 ゴルフ用品総合カタログのまえがきページでアメリカツアーの傾向を執筆することとなる。
2007年 Scotty Cameronとの深い交流もあってパッティング及パターのあり方の集大成としてパッティングスタジオを設置し、多くのアスリートの分析、解析、アドバイスをする。
ゴルフメカニック誌のアメリカツアー情報ページの執筆を始める。
2008年 RODDIOシャフトの開発協力を始める。
2010年 今までの研究を広く提供すべくminibox golf buildingを築き科学的理想ゴルフショップとしてスタートさせる。