minibox golf mobile

メニュー:Tomi 分析内容
分析画面説明

パッティングの良し悪しを決定づける基本2項目が細分化され、角4項目に分けられ、合計8項目が主事に分析され、表示します。

方向性を決定する4項目と距離感を決定する4項目が0.1度単位とインチ毎秒・1/100秒でTomiソフトが分析
 

▲Tomi メニュートップへ戻る



項目説明とパッティング重要度

●フェースアングル(アドレス)
アドレス時のフェース向きがターゲットに対してどのようになっているか0.1度単位の数値と線(方向)で表示
パッティングの基本中の基本ですが多くのゴルファーがこの時点で確証が得られないままストロークしています。ご自分のエースパターで簡単に数値と線でわかる物がTomiです。1mのパッティングでカップセンターに対してわずか0.6度オープンもしくはクローズでカップから外れます。
アドレス時に不安なくすんなりアドレスに入れるための重要な要素
●フェースアングル(インパクト)
ストローク中のインパクト時のフェースの向きが0.1度単位の数値と線(方向)で表示
ストローク中の動いているインパクト時のフェースアングルをみられることは結果に直結する重要な要素です。
1mのパッティングでカップセンターに対してわずか0.6度オープンもしくはクローズでカップから外れます。
●インパクト前後の軌道
インパクト直前・直後の10cmの軌道を角度と線で表示
ドライバーやアイアンではこの軌道により弾道が変わってしまうようにパターでも全く同じでボールが空中ではないので明確に視覚で判断しずらいのがパッティングです。フェースの向きが適切でも軌道が違えばひっかけ・コスリ球になり、ドライバーのスライス・フックと同様の回転となり、想定通りカップインが難しくなります。
●軌道とローテーション
ストローク全体の軌道を線で、フェースローテーションを数値で表示
プレイヤーは練習でもボールに視線を合わせますので始動時からフィニッシュまでの軌道を認識するのは不可能です。素振りで目線をヘッドに合わせてもボールを打たず、ターゲットを定めていない状態では現実の軌道は判断できませんので適切な練習を成立しないものですが、Tomiで軌道を知れる事により想定と現実を一致させることができます。ストロークが全体的に良くなれば細部の矯正は簡単になります。
フェースローテーションは小エネルギーでボールの転がり、延びが向上します。
●シャフトの角度(インパクト)
インパクト時のシャフト位置を角度で表示(表示数値にリアルロフトを足すとインパクト時のロフト)
インパクト時のボールの出だしラインに乗るかどうかが決まります。跳ね上がったり、順回転しない出だしは多くの方が経験していますが、ココがポイント内だけでなくクラブ調整でクリアになったりもしますが適切な角度はTomiで知ることができます。
●打点
アドレス時に対するインパクト時の打点位置を図で表示
打点位置は上下左右に判断できますので使用クラブのスイートスポットと打点位置の関係がわかるのでボールの転がりと距離感を知ることができます
●ヘッドスピード
距離感に最も重要なヘッドスピードを数値とグラフで表示
ドライバーや他のクラブ同様にボールの距離感はヘッドスピードの違いになりますので同じターゲットを5球狙って平均化したグラフであることが距離に安定感を持てるかなどを知ることもできます。
ノーカンパッティングはこの変化が大きいということ
●テンポ
バックストロークとフォワードストロークに要する時間の割合をグラフと数値で表示(バックストローク時間・フォワードストローク時間と双方の割合)
パッティングの上手い人を見ていて良いストロークしているなと見えるのはこのテンポです。
バックストロークとフォワードストロークの速さの割合が自然だと良いテンポで不自然だと入らなそうなストロークに見えます。多くの方は自然にそのつもりですが、入れたい、入れる等の気持ちや注意箇所に気持ちが傾くために不自然なテンポになってしまいます。自然なテンポは何度かTomiで繰り返すことで体が反応して覚えてくれます。

▲Tomi メニュートップへ戻る

 




▲上へ
minibox golfトップページ